日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 雄大な景色と料理で北海道を堪能出来るホテル

雄大な景色と料理で北海道を堪能出来るホテル

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

宿泊施設名:定山渓万世閣ホテルミリオーネ

エリア:北海道定山渓温泉

交通:JR札幌駅バス60分

空室検索・予約: 宿ぷらざ

口コミ一覧:定山渓万世閣ホテルミリオーネ口コミ一覧

(画像提供:宿ぷらざ)


(2007年04月03日)

けんとxxxxxxさんからの投稿

今回は、久しぶりに札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉へ行って来ました。定山渓は比較的規模が大きなホテルが揃っていますが、その中でも一番規模が大きなホテルで、洞爺湖や登別温泉にも系列ホテルがあります。

当日は、吹雪ではなかったのですが、日中の最高気温が-5度ということで、かなり冷え込んでいました。玄関を一歩入ると、広々としたロビーが迎えてくれます。天井には大きなシャンデリアが輝いており、ここは帝国ホテルかと思うほど豪華絢爛なロビーです。

館内のどこにどの施設があるのか探索するのも楽しみのうちですが、規模が大き過ぎると途中で諦めてしまいます。1階〜3階に主な施設があるのですが、利用したのは大浴場と居酒屋(酒ではなくラーメンをたべました)ぐらいです。3階にある大浴場は少し熱めですが、外気温が寒いので丁度いいぐらいです。露天風呂は行きませんでしたが、今流行の岩盤浴があったので、チャレンジしようとしましたが、途中で女性専用だというのが判り、笑いながら断念しました。

夕食は、和室で頂きました。対岸のホテル街の雪景色はパノラマ映画のように見えて、この北海道の雄大な景色が見られただけでもここまで来た甲斐がありました。楽しみにしていたカニは少し少なかったですが、久しぶりに会席料理を堪能しました。特に鮭のちゃんちゃん焼きが気に入りました。

寝室は、ベッドを希望したので、特別にデラックスなツインルームを用意してもらいました。約30平米ぐらいのシティホテル並みの部屋で、深夜まで降り続く雪を見ていると、決して都会では味わえない夜景が最高でちょっとロマンチックな雰囲気になりました。

朝食は、地下1階にあるレストランで食べられます。エレベーターを降りると、入口が二つに分かれており、一方は洋食バイキングで、もう一方は和食バイキングになっています。中を見ると、洋食の方が混んでいたので、今回は和食ルームへ入りました。北海道らしいおかずが色々と取り揃えてありましたが、シティホテルでシェフがオムレツを作っているのと同じような感じで、屋台風の店で作っている卵焼きは列が出来るほどの人気でしたが、出来たての卵焼きは絶品の味でした。

温泉ホテルは家族的なところが人気あるかもしれませんが、たまには大規模ホテルを体験するのもいいものです。


宿泊施設名:定山渓万世閣ホテルミリオーネ

エリア:北海道定山渓温泉

交通:JR札幌駅バス60分

空室検索・予約: 宿ぷらざ

口コミ一覧:定山渓万世閣ホテルミリオーネ口コミ一覧


渡辺旅行研究所 温泉宿 雄大な景色と料理で北海道を堪能出来るホテル