日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 はな緒の安 口コミ

はな緒の安 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

宿泊施設名:はな緒の安

エリア:静岡県川奈温泉

交通:伊豆急行川奈駅徒歩13分

口コミ:3件

空室検索・予約:一休.com


(画像提供:一休.com)

(2007年10月02日)

静かな時間、海一望露天風呂付客室「糸くくり」

あやさんからの投稿。今回のお世話になったのがお部屋は、糸くくり。12畳の和洋室(洋室ベットルーム)広さと感じたお部屋でした。天井高さがもう20cm高ければ一層広さを感じられました。

海岸の電車の音や虫音も聞こえ、静かな時間が過ごせました。ほったらかしの時間が良かったです。

続きは こちら

(2006年12月15日)

人見さんからの投稿

◆客室

10ヶ月ぶりの伊豆・川奈にある、高級温泉旅館「はな緒の安」で。前回、行くはずだった友人のリベンジ。

前々日に、確認の電話が女将さんからあり、とても懐かしそうにお話してくださってうれしかったです。

宿に着くと、かわいい女将さんが満面の笑みでお出迎え。前回泊まった時の事をよく覚えてくださっていてびっくり!しかも、そのときの渡辺旅行の体験談を読んでいてくださっていたとの事。支配人のことを渡嘉チャン似といってすみませんというと、いえいえ、今日は、残念ながら、渡嘉ちゃんいないんですよと返されました。おみそれいたしました。 

今回のお部屋は、さくら貝。前回は、露天風呂が伊豆石と思しき、四角いタイプでしたが、今回は、陶器の壷風呂。

寝室は、ベッド。温泉旅館も最近は、こういう和洋室タイプが多いようです。真っ赤な上掛けがパークホテルみたいです。坪庭もあって、落ち着きます。


◆お茶

部屋に行く前にチェックインをお食事処でお茶とお菓子をいただきながら、済ませます。この食事処は、朝夕食同じ場所の個室なので、プライヴェート感ばっちり。お茶をいただきながら、浴衣を選びます。


◆夕食

お待たせいたしました。夕食の時間です。前回は、冬でしたので、きっとメニューも違うはず。

あわびの踊り焼きステーキや、少しずつ盛られた刺身は、同じでしたが、料理半ばで出てきたのは、大きな稲取産の金目鯛丸ごと一匹!!日本過食倶楽部会員ではない、友人は、驚いてほとんど口にせず、ここでダウン。そこで、会長の私は、ご飯をリクエストして、しっかり2杯食べながら完食!しかあ〜し!!そのあとから、ズワイガニさんが丸ごと1匹鎮座ましまする〜さらに、アナゴの柳川風が出て、さすがに驚きましたが、蟹は、完食しました。アナゴもやわらかかったです。(って結局食べました……)しかし、私の苦手なデザートは、別腹ではなく、お部屋に運んでいただきました。ラーメンならもう1杯食べられましたが…… 翌朝、朝食後にいただきましたが、デザートの方が私にはきつかったです。ただ、ガトーショコラもクレームブリュレも甘すぎず、食べられました。私は、かにやアナゴまでは、なかなか厳しいので、金目鯛で終わりでいいです。


◆風呂

掛け流しの源泉は、敷地内にあります。海に近いせいか、しょっぱいのとにがりのような苦味もあります。う〜ん。肌に効きそう!

内風呂は、ヒノキ。露天からもどちらからも海が見えます。露天には、テラスがあってデッキチェアとテーブルも。桶には、スーパードライに、お茶、ラムネの缶が、氷で冷えひえに。

源泉掛け流しなので、かなり熱いです。お持ち帰りもできるそうです。食事処には、足湯もあって気持ちいい!

露天風呂に入ると、伊豆急の音が聞こえ、日常を忘れさせてくれる至福のときが過ごせます。


◆朝食

朝から、豪華な朝食は、お粥にそば、ご飯もあり、おかずも干物ではなく、丸のままの鯵君が塩焼きになって登場……

この宿は、昨日、今日と肉、揚げ物などがまったく出てきませんでした。余り、凝った懐石と言うのではなく、素材が楽しめる味付けになっているようです。昨日、いただいた伊勢海老の頭は味噌汁になってでてきました。ミソすすらなくてよかった。。。


◆スタッフ・サービス

何しろ、笑顔がチャーミングな女将さん。スタッフも旅館の仲居さんぽくなくて、かなりフレンドリーでした。私たちの担当はまだ、新人さんのようなお兄さんで緊張気味でしたが、デザートを部屋に運んできてくださったときに、「ラーメン別腹」の話から、この近くのおいしいラーメン店を教えてくださいました。少し、緊張感が解けましたか?とかちゃんに会いたかったなあ〜。


はな緒の安 予約・詳細:一休.com


全5室源泉かけ流し露天風呂付きオーシャンビューの宿

(2006年03月06日)

人見さんからの投稿

◆客室

1日5室限定。源泉かけ流しの露天風呂・全室オーシャンビュー。今巷で、人気の高級温泉宿のすべてを兼ね備えていると言える 「はな緒の安」。伊東から伊豆急で2駅の川奈に降り立つと、およそ、観光地とは思えない住宅街が広がっていた。宿からのお迎えは、高級宿の支配人と程遠い(いい意味で)、とっても気さくな渡嘉チャン似。これなら緊張しなくてもすみそう。

今回のお部屋は、しら絵。2名1室で1泊2食付3,7000円。部屋には、坪庭もあります。ホットカーペットがやさしい。ベッドルームとリビングの2間。


◆お茶

宿の到着すると、高い天井の個室に通され、お茶とお菓子が運ばれてまったりしました。この個室では、食事もするようですが、私たちの部屋は、隣のしら絵の食事処でした。掘りコタツ風で、足が伸ばせて楽チン! お茶を飲んでる間に、浴衣が選べます。色だけでなくサイズも3種類選べます。食事処も海が見えます。

部屋のお茶も今までの中で一番質が高かったです。さすが静岡! 茶所だ。旅館のお茶は、茶葉が悪いところが多いのに、ぐり茶が出たり、玉露のような煎茶もグッド!


◆夕食

想定外の料理がついに登場! お品書きを見ると……多い! しかも、あわびの踊り焼きい〜?! 土瓶むしに、フォアグラ!! 思わず、太陽にほえろの松田優作のようにほえてしまった。

お造りは、型のよい一番おいしいサイズの伊勢海老、赤貝。烏賊の透明感は、秀逸。鮪は焼津の生鮪と思しき美しい赤みとサシのコントラスト。今まで食べた中でも味の品の良さナンバーワン! ただ脂があるだけでない旨さに思わずうなってしまった。あわびの踊り焼きは、初チャレンジ! 貝が青光りしている。これまた一番おいしい大きさ。ナイフを入れると硬いのに食べるとやわらかい。う、うまい! 肝ってまったく苦くもないし、生臭くもない。バターもハーブ入りの自家製。フォアグラは、ラズベリーソースとの相性抜群。しかも、すべての料理の素材がよいだけでなく、素材本来の旨さを壊さない調理法なのが気に入った。板長さんは、かなりの目利きと見ました。すべての料理が「超まいう〜」


◆風呂

大浴場はありません、その代わり総ヒノキの内風呂も露天もかけ流し! 露天には、ウッドチェアーにビールが氷入った桶にセット。海を見ながら露天に入れば至福のとき。海風に吹かれて電車の音も旅情を誘います。足湯もかけ流し!


◆朝食

朝は、赤いウインナーや目玉焼きなんてもちろんありません。温泉卵の下には茶そば。畳いわしは大好物! 焼き鮭は、まったく塩辛くありません。伊勢海老の味噌汁は、出しが最高!


◆スタッフ・サービス

きれいな女将さんは、とても丁寧な方なのですが、私の住む町にお供たちがいらっしゃるようで、私の家から100メートルの場所で盛り上がってしまいました。高級旅館と聞くと、とかく堅苦しい感じがしますが、ここはとってもアットホームで温かいです。足湯に入ってると「ぬるい? 今出してあげるからね」と渡嘉ちゃんが源泉を出してくれました。


◆感動した点

部屋には、ホテル並みにバスローブもあります。そして、女性用に「急にお困りの方に」とサニタリー用品も置いてありました。そのきめ細かいサービスは、5室だからできるんだなあと思いました。また絶対行きます!


はな緒の安 予約・詳細:一休.com


【静岡県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 はな緒の安 口コミ