日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 鶴の湯温泉 口コミ

鶴の湯温泉 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

宿泊施設名:鶴の湯温泉

エリア:秋田県乳頭温泉

交通:@

空室検索・予約: 予約宿名人

口コミ:1件

(画像提供:予約宿名人)


ひなびた秘湯の常連が見た新発見

(2005年11月07日)

あかつきさんからのご投稿

乳頭温泉郷といえば、もうここ! というくらい超有名秘湯になった、鶴の湯温泉に泊まってきました。

いつもはお安い湯治部の方なのですが、今回は親と一緒とあって、本館(新本陣)に宿泊しました。湯治部と違ったところは、
・トイレ付き(湯治部は共同トイレです)
・部屋食(朝食のみ広間で共同、7:00〜9:00の間)
・食事の品数が多い
くらいです。特に今回は6月、タケノコの季節とあって食事はタケノコづくしでした。名物の山の芋鍋もおいしかったですが、タケノコの味噌汁もおいしかったです。


今回、ちょっと新発見とリニューアル情報をば。

■中の湯が男女別になりました。

従来の女性用内風呂と露天が男性用になり、女性用は脱衣所はそのままですが、内湯と露天風呂が新設されました。


■成分分析表が貼られてました。

鶴の湯には、あの乳白色の露天風呂で有名な「大白の湯」のほか、酸性の「白湯」、アルカリ性の「黒湯」、そしてリニューアルされた眼っこの湯の「中湯」がありますが、すべてについて成分分析表が掲示されました。……中味を読んだら、成分的にあまり差はなかったです…… 「白湯」と「黒湯」のpHの違いもちょびっとだったし…… 嬉しいような、悲しいような?


■コメント欄に「シャワーがない」と以前に書きましたが、

「白湯」の内風呂に、シャワーが1個だけありました。でも、使っていた人は「お湯の出が悪い」と言ってましたのであまり期待はしないほうが……


■宿泊者専用 隠し露天(家族風呂)発見

従業員のお兄さんが教えてくれました。夏季のみ、入ることができます。何のヘンテツもない廊下のどこか一箇所をガラリと開けると 蔀戸とスリッパが・・・…(表示はどこにもありません)川のすぐそばに面した、雰囲気のよい可愛らしい露天風呂です。ヒント:ちょうちんの近くを探せ!

今回は部屋のグレードを上げてみた訳ですが、TVを置いていないのは変わらず、(大広間にもない)素朴な秘湯の雰囲気は保たれていました。

ただ、山に登る人はやはり天気予報とか聞きたいと思いますので、ラジオを持参したほうがいいかもしれません。登山用のおにぎりも、注文しておけば作って下さいます。我々も今回、おにぎりを持って「花の山 秋田駒ケ岳」に行ってきました。頂上の阿弥陀池付近のチングルマの群落はとてもとても綺麗でした☆ シラネアオイも見ることができました!

後、乳頭温泉郷のほかの温泉にも入ってみたいという方へ。乳頭温泉郷に宿泊した人にのみ、入湯手形(\1500)を売っています。一年間有効、スタンプを押すようになっていて、切り取って葉書としても使えます。鶴の湯さんではこの手形の存在を掲示していなかったのですが、知っておくと安く乳頭温泉郷めぐりができます。

鶴の湯さんの予約受付は、6ヶ月前から。


鶴の湯温泉の予約・詳細:予約宿名人


【秋田県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 鶴の湯温泉 口コミ