日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 寒の地獄旅館 口コミ

寒の地獄旅館 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

一度入るとはまる勇気が必要な14度の冷たい冷泉

宿泊施設名:寒の地獄旅館

エリア:大分県九重町

交通:JR豊後中村駅車30分

空室検索・予約: じゃらん.net

口コミ:1件

(画像提供:じゃらん.net)


(2005年05月18日)

あかつきさんからのご投稿

古くからある湯治場として有名な宿でしたが、近年リニューアルして民芸調の風情ある宿に生まれ変わりました。

部屋には最初から布団がひいてあったり、食事は朝・夕ともに囲炉裏のある食事所(というには風情があるのでダイニングかなあ)で食べる等、「適度にほったらかしにしてくれる宿」です。

でも、囲炉裏端で頂く食事は、量・味に加えて見た目も楽しく、サービスも行き届いています。

さて、「寒の地獄」の名のとおり、ここの温泉(?)は、14度の鉱泉です。普通、温度が低い鉱泉だと適温に加温しているのですが、ここは湧きたてほやほや(笑)の冷泉につかり、しっかり芯まで冷えた後、別室のストーブでサウナのように汗を流す、という湯治スタイルです。

リニューアルされた宿泊棟の奥にある冷泉はとストーブ小屋は、昔ながらの湯治場そのままで、プールのように広い浴槽は混浴。(注:水着着用必須)足をつけると、ジンと頭の先まで冷たさが駆け上がります。熱いお湯につかるより、勇気が必要なほどの冷たさです。そこをじっと我慢して、腰から胸のあたりまで浸かると冷たさもあまり感じなくなり、あとは冷たさとの根競べ。

壁に貼ってある「冷泉行進曲」の「1本半だ、レコード(記録)と」の1本半は、線香が燃え尽きる時間だそうです。私は標準とされる15分でリタイア。大急ぎで別室のストーブ小屋へ赴くと……そこは、ツワモノどもの記録の嵐でありました(笑)

さむがりさんには、ちゃんと男女別の加温した浴室があります。でもやはり冷たいのを試してみたい、という人のために 小さな冷泉付き。3つある貸切家族風呂は、加温したもののみです。あと冷泉に入れるのは、夏場の7〜9月まで。

真夏の久住高原で、湿原散策や登山を楽しんで汗を流し、冷たい冷泉で汗を流すのも良いかもしれません。

また、露天風呂散策で有名な黒川温泉は、ここから車で30分ほど。時間があったら立ち寄りをお勧めします。

=== おまけ === 「これが冷泉行進曲だ!」 ===

1.なほして来るぞと勇ましく
 誓って家を出たからは
 根治させずに帰らりょか
 冷たい水の面 見る夜に
 瞼に浮かぶ 母の顔

2.石も木切れもみな凍る
 果てなき寒さ かみこらえ
 進む日の本 男の子ぢゃと
 両の腕をなでながら
 あとのふるえを誰が知る


寒の地獄旅館 予約・詳細:じゃらん.net


【大分県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 寒の地獄旅館 口コミ