日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 矢田屋 口コミ

矢田屋 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

こっそり静かに過ごせる、湖底から湧き出る名湯の宿

宿泊施設名:矢田屋

エリア:石川県片山津温泉

交通:JR加賀温泉駅車10分

空室検索・予約: 一休.com

口コミ:1件

(画像提供:一休.com)


(2004年11月17日)

所長から

石川県と福井県の県境近く、朝日や夕日、湖面に映る白山など、一日に七度湖面の色を変えるといわれている、柴山潟に面する「片山津温泉」。歴史は古く、開湯三百年なのだそうです。

その片山津温泉の中でも老舗の「矢田屋」さんは、柴山潟を望むお部屋が多い温泉旅館。ホテル自慢の天然温泉、加賀料理を満喫してきました。


■数寄屋造りの粋な特別室

ホテルは松涛園と梅光閣の二つの建物がありますが、どちらも老舗旅館らしい風格をもつ和風様式。そのうち今回私は、梅光閣へ宿泊してきました。

梅光閣の特別室は数寄屋造りの粋な和風情緒の漂う12.5帖のお部屋で、二人で利用するにはちょうど良い広さ。カーテンをあけて窓辺に座れば、湖を臨むことができ、ホッとさせてくれます。


■地元の海の幸や山の幸を使った加賀会席料理

料理は、地元日本海の海の幸や山の幸をふんだんに使った加賀会席料理を、ゆっくりと時間をかけていただきます。やはり海の幸は美味い!!

また、最後のデザートも手が込んでいて見た目も美しく心がこもっています。お腹がいっぱいでしたが、別腹で美味しくいただいちゃいました。


■屋形船を模した湖に面した露天風呂

梅光閣には屋形船を模した湖に面した露天風呂があり、爽やかな風が吹き抜ける心地よいお風呂。湖底90mから湧き出る73度の温泉は、塩化物泉で、100%源泉の湯を使用しているのだそうです。

大浴場には、タオルが備え付けてあり客室から持っていく手間がなく、いつ行っても新しいタオルが用意されています。ただ、大浴場も客室もドライヤーのパワーが弱いので、持参することをお勧めします。

さらに、松涛園にも大浴場があるので、こちらも行ってみましたが、2つの建物は迷路のような地下通路でつながれているので、探検しているようでおもしろいですよ。

関西の方は知っている方も多い片山津温泉ですが、関東に住んでいる私にとっては未知の温泉地。しかし、小松空港から車で20分と羽田からの所要時間は思った以上に短かったことにびっくり。

実に静かな温泉地なので、宿の中で温泉と料理を楽しむ以外にはすることがないですが、それはそれで忙しさから開放される贅沢な時間。平日は本当にのんびりしているので、こっそり泊まっている感があり、自分だけが知っている良い宿に泊まっている優越感がありました。皆さんも体験してみてください!


矢田屋 予約・詳細:一休.com


【石川県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 矢田屋 口コミ