日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 白銀屋 口コミ

白銀屋 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

魯山人も愛した文化遺産の温泉宿

宿泊施設名:白銀屋

エリア:石川県山代温泉

交通:JR加賀温泉駅車15分

空室検索・予約: 一休.com

口コミ:2件

(画像提供:一休.com)


(2005年12月05日)

JINBOFANさんからのご報告

■客室

「白銀クラシック」という庭の見える旧舘和室を予約しましたが、空いているからということで一番の部屋に通していただき感激でした。


■お茶

静かなロビーのような空間で、チェックイン後コーヒーやお茶を出していただけるのはホテルと違って嬉しい体験でした。


■夕食

白銀屋ゆかりの魯山人風の器や九谷焼の陶器に少しずつ盛られた食事の美味しかったこと。ただ10月末で11月から解禁という名物の越前ガニが食せなかったのは残念でした。


■風呂

檜のお風呂や露天風呂などすべて満喫しました。


■施設

部屋から見えるお庭の雨に洗われた樹齢200年の樹と苔の緑が目にしみました。


■スタッフ・サービス

予約してから出発するまでに2度もスタッフの方から電話を頂き当地のパンフレットなど送って下さって観光の予定が立てやすく助かりました。


■感動した点

観光をするのにタクシー会社と交渉して頂き、雨の中安く効率的に回ることが出来、ありがたく思いました。


白銀屋 予約・詳細:一休.com


(2004年08月18日)

あかつき調査員からのご報告

北大路魯山人ゆかりの温泉・山代温泉に行ってきました。

宿は魯山人の草庵や共同浴場にも程近い、老舗・白銀屋さんです。

創業はなんと寛永元年(1624年)。文政年間に建てられた本館と茶室が、国の文化財指定されている「温泉遺産」の宿。魯山人との縁も深く、宿の看板は山代温泉内に何件かある、魯山人の書いたものの一つです。

大規模温泉地には珍しく、室数も24室と少な目。文化財の本館の隣に鉄筋作りの新館も立ってますが、こちらも1階につき2部屋だけの、静かな隠れ家的宿でした。

老舗で品格のある宿らしく、部屋に通されて供されるのは「抹茶」。食事も季節感を感じさせる上品なものです。

そしてお風呂。歴史があるせいか規模の割りにお湯の配当量が多いそうで、なんと掛け流しにしているんです。最近ニセ温泉関係のニュースが多いだけに、ちょっと嬉しかったです。

文化財部分の本館の部屋も、希望すれば泊めていただけるそうですが、私は残念ながら新館に……、しかし翌朝、文化財部分のお部屋とお茶室をちょっとだけ見せていただきました!

文化財指定となると改造もできないので、設備的には古いお部屋ですが、長押や床の間の作り等はやはり雰囲気たっぷり。今度泊まる機会があれば、是非本館に泊まりたいなー、と思いましたよ。

また、立ち寄り湯はやっていないそうですが、館内の魯山人関係のギャラリーは見学可能です。

あと、本館部分の2Fに昼間だけですがレストランがあります。山代温泉へお立ち寄りの際は、泊まらなくても是非立ち寄って見て下さい!

老舗の「品格」と「歴史」を思う存分味わえること請け合いです。


白銀屋 予約・詳細:一休.com


【石川県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 白銀屋 口コミ