日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 温泉宿 ホテル五龍舘 口コミ

ホテル五龍舘 口コミ

渡辺旅行研究所所長が実際に行ったり、皆様から口コミ温泉宿を紹介!!

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

宿泊施設名:ホテル五龍舘

エリア:長野県白馬八方温泉

交通:JR白馬駅車5分

空室検索・予約: オフィシャルサイト / 宿ぷらざ

口コミ:2件

(画像提供:宿ぷらざ)

(2005年02月23日)

白馬八方尾根軽めのスキーと美肌のアルカリ泉の湯

所長から

最近スキーに行きましたか? 10年ほど前は頻繁に行っていた私たち30歳代の世代に聞くと、ここ数年はほとんど行っていないようです。飲み会などでは時々「みんなでスキーへ行こう!」と盛り上がることはあるのですが…… 

やはり、用具を用意するなど面倒なイメージがあるのと、仕事の忙しさや体力も気になって、ついつい温泉でゆっくりとなってしまいます。

しかし、美肌のアルカリ温泉を目的で訪れた白馬で、半日のきままな軽めのスキーを試したところ、思った以上にリフレッシュすることができましたよ。


◆予想外に近い白馬

白馬といえば最寄の高速道路のインターから1時間かかるとても遠いイメージがありました。しかし、最近はこのイメージが変りつつあります。

それは、「長野新幹線」開業がきっかけで、長野駅で白馬へのシャトルバスを乗り継げば東京駅から約3時間で着いてしまう、便利な温泉地となっています。

ホテル五龍舘の最寄のバス停「八方バスセンター」からは、連絡をすればホテルからの送迎が来てくれます。


◆スキー場や北アルプスの雄大な風景が!

ホテルに入ると、二階まで吹き抜けのロビーに大きなガラス窓。その窓からは、真っ白で幻想的な白馬の風景が広がり、八方のスキー場を優雅に滑るスキーヤーの姿を見ることができます。

天気のよい日には、雄大な北アルプスの山並みが姿を現し、それを眺めながらお茶をしていると時間を忘れます。緑豊かな夏もよいですが、色の少ない冬の風景は心が静かになります。


◆低刺激でつるつるの美人の湯

さて、注目の美人の湯はPH11の全国トップの強アルカリ湯で、無色透明の化粧水のようなにつるつるした感触が特徴のお湯。

「浸かっているだけで、石鹸で洗ったかのように肌がすべすべになる感じがする。」と妻が言っていましが、白馬のお湯は水の粒子が細かいため、肌にとても優しいお湯なのだそうです。

また、男女1つずつ露天風呂があり、雪見風呂を愉しむことができるのも魅力のひとつです。


◆気分転換に軽めのスキー

さて、温泉、白馬の風景を眺めながらの考え事や読書などに飽きたら、ちょっとスキーを愉しむのもよいですよ。ちなみに、ホテル最寄の八方尾根スキー場名木山ゲレンデまで徒歩5分。

回数券(3,000円)または、午前券・午前券(いずれも3,300円)で、運動不足解消をかねて、滑ってくるととてもよい気分転換になります。

ホテルでは、当日でもレンタルスキーとウェアを半日5,000円程度で借りることができるので、昔のスキーやウェアをもって行く面倒もいりません。

技術を追い求めるのではなく、脱日常の壮大な風景を感じながらのスキー。ゲレンデの上から眺める白銀の白馬の風景は絶景です。温泉やホテルでのんびり過ごす時間と同じように、スキーも癒しの時間の使い方のひとつとしてぜひ愉しんでみてください。


ホテル五龍舘 予約・詳細:オフィシャルサイト / 宿ぷらざ


美肌の湯&ヘルシー料理が忘れられない温泉旅館

(2003年06月18日)

所長から

館内に一歩入ると、大きなガラス窓を通して、緑豊かな北アルプスの雄大な風景が広がるロビー。

もちろん、客室からも同様の風景を、時間を忘れてのんびり眺めてしまいます。出来れば、まだ明るい、陽が沈む前にぜひチャックインしてくださいね。

さて、注目のお風呂は露天風呂もある美肌の湯。「白馬八方温泉」は、PH13の全国トップの強アルカリ湯で、化粧水のようなに、ほんの少しぬるっとした感じ。

「浸かっているだけで、石鹸で洗ったかのように肌がすべすべになる感じがする。」と妻が言っていました。

夕食は、毎月メニューが変わる「里山懐石風コース」を選択。塩分控えめのあっさり味でヘルシー、蓮根饅頭など地元の素材を使った手の込んだ料理に脱帽です。

また、社長の作ったEM有機栽培米は、ご飯が一粒一粒立っていて「社長お見事!」。

さらにお勧めは、世界遺産に指定された白神山地で発見された酵母、白神こだま酵母を使ったパン。いろいろな種類がそろっていますが、その中でも「フルーツライ」は、パンの風味とドライフルーツがマッチしていてあっという間に食べてしまいました。

一年を通して、ファミリーで楽しめるホテル。特に、大自然を満喫できる宿泊プランがおすすめです。


ホテル五龍舘 予約・詳細:オフィシャルサイト / 宿ぷらざ


【長野県の温泉宿泊日記集】

渡辺旅行研究所 温泉宿 ホテル五龍舘 口コミ