日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム 六本木のデザイナーズホテルを取材

六本木のデザイナーズホテルを取材

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

image2.jpg

新しいコンセプトホテルとして注目されつつある「ザ・ビー」

ザ・ビー 六本木
ザ・ビー 三軒茶屋
ザ・ビー 赤坂
ザ・ビー 名古屋
ザ・ビー 大津
ザ・ビー 神戸

と展開していますが、今回は客室の一部を改装した

ザ・ビー 六本木

を取材してまいりました。

地下鉄「六本木駅」5番出口徒歩1分とロケーションは抜群。
地上9階建て客室数65室なので、ロビーはこじんまりしていますがスタイリッシュ。地下1階にテナントのレストランが入っていますが、直営のレストランはなくシンプルです。

image.jpg image3.jpg
お部屋は大きく分けて5タイプ

・スタンダード
・スーペリア
・スーペリアプラス
・デラックス
・デラックスプラス

▼詳しくはこちら

どのお部屋も、デザインマジックでしょうか、数字で聞いた広さよりも広く感じて驚きました。

お部屋タイプによっては、クローゼットを省略してハンガーラックのみ、テレビ台やデスクスタンドもシンプルでスッキリしています。

また、今回の最大のリニューアル点は、

ベッドがシモンズ社製を全室に導入したこと!!

シングルルーム以外のお部屋は、ベッド幅も5cm~20cm広くなり、快適性が増しました。
なんとベッドの交換はたったの2日で行ったのだとか!

その他、いままでなかったレースカーテンを追加したり、バスルームのシャワーカーテンの不快なまとわりつきが少なくなるよう、流線型のシャワーレール(一部対象外)に変更するなど、お客様の声を反映したリニューアルになっています。

出張で一人でなら、広めでシンプルな「スーペリアダブル」がおすすめですが、二人ならスペースに余裕があり特に1100×2030サイズのシングルベット2台をくっつけた「デラックスダブル」。そして、グループやファミリーでワイワイ楽しみたいなら「デラックスプラスツイン」。ソファベッドが使えます。

また、最上階9階の「デラックスプラスダブル」の窓からは、東京タワーが見えて素敵。思った以上に大きく見えて、消灯の瞬間を見る幸運に恵まれそうです。

六本木の中心に位置する便利なデザイナーホテル「ザ・ビー 六本木」の興味を持ちましたら、是非、宿泊報告お待ちしています!!

●公式サイト
ザ・ビー 六本木

渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム 六本木のデザイナーズホテルを取材