日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム 渋谷駅前で気軽に広めのお部屋ステイ

渋谷駅前で気軽に広めのお部屋ステイ

(当ページの内容は、主観的情報、時間の経過などから、正確性、完全性は保障いたしておりません。ご利用の際には宿や予約サイトにご確認されることをおすすめします。)

【渋谷エクセルホテル東急】

 2007年8月末に客室改装が終了した「渋谷 エクセルホテル東急」。渋谷マークシティ内にあり、JR・地下鉄・東急・京王各線の渋谷駅に直結している、渋谷で一番便利なホテルといえます。

 20平米のシングルルームから様々なタイプのお部屋があり、ノースモーキングフロアを9フロア、そして女性専用フロアがあるのも特徴。

 その様々なタイプのお部屋からどのお部屋にしようか迷いましたが、今回は夫婦でちょっと贅沢に広めのお部屋「プレミアツイン(40平米)」に宿泊しましたのでご報告いたします。


(2008年04月25日)

所長から

◆広めのお部屋「プレミアツイン(40平米)」


▲廊下からベッドが見えない構造

▲大きなソファ

▲青いクッションが明るく印象的なベッド

▲小物入れ

▲インターネット接続全室無料

▲コップやマグカップ

▲電気ポット

▲必要最低限のものが揃う

▲ウィスキーやおつまみ

▲ドリップコーヒー

▲角度が変えられるテレビ

▲部屋着はワンピースタイプ

▲バスローブはワッフル地

▲0.5度単位で温度設定

▲備え付けのスリッパ

 ホテルのフロントは5階、チェックインを済ませると鍵を渡され、宿泊者専用のエレベーターでお部屋へ。今回は1814号室にアサインされました。

 お部屋はエレベーターホールから一番遠いお部屋。窓が二つあり、廊下からベッドが見えないのがうれしいです。

 さっそく、窓のカーテンを開けてみると渋谷の活気ある街並みが目の前に! でも意外と渋谷の街は低いのですね。新宿のビル群が対照的に見えます。

 奥行きがあって横になれるほど大きなソファに、ライティングデスクとテレビを挟んでベッドが置かれています。

 ベッドは195cm×115cmのサイズのものが2台。青いクッションが明るく印象的です。

 そのベッドの枕は、東急ホテルズでおなじみの「テンピュール枕」。NASAで宇宙飛行士の身体にかかる負担を最小限にするために開発された素材を使っているので、体圧が分散し最適なポジションが得られ、ぐっすり眠れると評判で、私は自宅でも使っています。

 東急ホテル・エクセルホテル東急・東急イン・東急リゾートの合計51ホテル全てで導入しています。

 ライティングデスクは、二つある窓の間に置かれているので、明るく作業がしやすいのが嬉しいです。また、ゴミ箱が缶・ビンと燃えるごみに分別されているのが特徴。

 ホテルにはめったに出会わない「小物入れ」がデスクの上にあり、これが便利。時計をどこに置いたか分からなくなってドキドキすることがありますが、この中に置いておけば安心。

 また、インターネット接続LANポートが設置したあるのはもちろんですが、全室無料で利用できます。

 ブラウン管のテレビですが、その大きさが気にならないほど広いお部屋。角度が変えられるので、ソファーに座っていてもベッドにいてもテレビが見られます。

 テレビの下が収納になっていて、コップやマグカップ、電気ポットなどが用意されています。

 ティーパックはセイロン茶と煎茶で、このお部屋からは少し遠いですがエレベーターホール近くに製氷機があります。

 冷蔵庫の中の飲み物は、必要最低限のものが揃っています。ウィスキーやおつまみ、ドリップコーヒーも冷蔵庫に収納されています。

 見逃せないのは他のホテルと比べてリーズナブルな点で、ビールが367円、ミネラルウォーターが210円、ペットボトルのお茶が231円、コーラが189円です。

 さすがに定価ではありませんが、お風呂上りや朝起きたばかりの時など、どうしても冷たい飲み物がほしい時でも安心な価格だと思います。

 ツインルームなので、ベッドの大きさは195cm×115cm。ベッドとベッドの間にある収納の中に部屋着とバスローブが入っています。

 部屋着はボタンで留めるワンピースタイプのものでシンプルなデザイン。きちんと糊もきいていました。

 バスローブはワッフル地なので、軽くて肌触りも良好。リーズナブルなホテルですがバスローブがあると嬉しいですね!

 また、お部屋の空調って重要ですよね。細かく温度設定できると最高ですが、このお部屋は、0.5度単位で温度設定ができとても便利でした。予約時に加湿器もお願いしたので、朝起きて喉に違和感を感じることもありませんでした。

 お部屋でくつろぐ際のスリッパはもちろん用意されていますが、備え付けのものなので底も厚く履き心地◎。





▲ベッドの横のドアがドレッサールーム

▲シンク周辺

▲アメニティ
◆洗い場付きのバスルーム&独立したトイレ

 ベッドの横のドアを開けるとドレッサールームが現れます。お部屋の奥にあるところが特徴です。

 ドレッサールームは思ったより広かったことが印象に残っています。バスタオルなどのタオル類も充実。

 そして、さらにドアがあり、それを開けると洗い場付きのバスルーム。日本人のライフスタイルに合わせて椅子も用意されていました。

 ドレッサールームのシンクは一つですが、トイレなどの障害物がないので広くて使いやすいです。

 歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、綿棒・コットン・ヘアバンド、ウォッシュタオルなどの基本的なアメニティが揃い、ドライヤーも用意してあります。

 シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはポンプ式。ミニ容器のバスアメニティも素敵ですが、ポンプ式も使いやすく便利です。

 トイレは独立した個室になっています。コレ、ポイント高いですよね。バスルームから離れた場所にあるのも珍しいです。

 もちろん、洗浄器付き便座で暖房も付いています。ちょうどよい広さで、トイレで読書派の方は、長居しないように気をつけてください!!

 さらに、洗面台と鏡も設置されているので便利。ハンドソープとタオルも用意されているのも嬉しいです。



▲さらにドアを開けるとバスルーム

▲バスルームは洗い場付き

▲シャンプー類はポンプ式

▲トイレはバスルームから離れた場所に

▲独立した個室

▲洗面台と鏡も設置


◆その他、便利な施設


▲自動販売機コーナー

▲5階ロビー横の大型自動販売機

 各フロアエレベータホール近くに、飲み物の自動販売機と製氷機があります。自動販売機飲み物は通常価格で良心的です。

 また、5階ロビー横に大型の自動販売機があり、飲み物のほかスナックやカメラ、ストッキングまで販売しています。こちらも飲み物は通常価格。便利です。


◆新宿を臨むレストランで和朝食


▲お粥も選べます

▲新宿を臨むレストランからの眺め

 翌朝、朝食で利用したのが日本料理「旬彩」。7:00~10:30(ラストオーダー 10:00)にいただけます。

 和朝食の一品だけで1,963円(消費税・サービス料込)。ご飯またはお粥が選べます。お酢のドリンクが付いていて、胃に刺激を与え食欲を増してくれます。

 コーヒーと紅茶がセルフサービスになっていて、お席に置いてある窓から見える景色のイラストを見ながら眺めを楽しめます。

 チェックアウトは11時。ホテルを出るとすぐに各線で都内各所に行ける所が便利。24時間人が絶えず、再開発も進む渋谷のエネルギーを吸収して元気になれるホテルでした。

ホテル名:渋谷エクセルホテル東急

エリア:東京都渋谷区

交通:JR・地下鉄・東急・京王「渋谷駅」直結

公式サイト:渋谷エクセルホテル東急


渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム 渋谷駅前で気軽に広めのお部屋ステイ