日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

 

渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム

ホテルコミュニティプレミアム

このページの情報を見るには、メールマガジン「ホテルコミュニティプレミアム」最新号に記載のパスワードが必要です。

次の方法で購読申し込みをすることにより、パスワードが明記されたメールマガジンが届きますので、ログインし閲覧することが出来ます。

---------------

【メールマガジン概要】

・まぐまぐプレミアムのシステムで発行。
・毎月25日発行(午後10時ごろに発行します。)
・525円/月[税込]今購読手続きをすると今月号を無料
メールマガジン詳細

---------------

【お申し込みの流れ】

購読申込

お申し込み完了後、【ホテコミュpremium】の題名でメールが届きます。

メール記載のパスワードからログイン後、ご利用ください。

今購読手続きをすると、今月号を無料でお届けします。
その後、今月末日までに解約手続きをすれば料金は発生いたしません。
是非お試しでお申し込みをお待ちしております。

購読申込


【取材速報】

[内覧会取材]19日(水)普段使いのレストランオープン

 3月19日(水)のオープンを目前に、港町にある1軒のカジュアルダイニングをイメージしたスパニッシュ・イタリアン「Spanish to Italian Barco(バルコ)」の内覧会に行ってきましたので、ホテルさんからご提供いただいた画像とともにご紹介いたします。

 場所はホテルではなく、こちらも19日にオープン予定のホテルに隣接する「ミーツポート」2階。地下鉄三田線水道橋駅A2出口目の前で、JR水道橋東口からも徒歩1分。1階にはスターバックスコーヒーやコンビニエンスストアがあります。

 ガラス張りで明るくカジュアルで入りやすい店内には個室もあり、平日は仕事帰りに、休日は家族で気軽に利用できる雰囲気。シェフの皆さんは若くてかっこいい!

 2,625円のボトルが中心のリーズナブルで美味しいワインを20種類以上揃え、試食させていただきましたが、おすすめは古代豚の料理。近々、ディナータイムに利用させていただきご報告いたします。お楽しみに!!

 店舗の詳細は次の通りです。

続きを読む⇒ [内覧会取材]19日(水)普段使いのレストランオープン

【取材速報】

[取材]ホテル初のあのバスアメニティ登場! 3月3日オープンのラグジュアリーフロア

 2008年3月3日にオープンした、ホテルオークラ東京ベイのラグジュアリーフロア。本日、新しい4タイプのお部屋を取材させていただきましたのでご報告いたします。

 2008年で開業20周年を迎えるホテルオークラ東京ベイらしい、ハイグレードでラグジュアリーなこのフロアは、上層部である10・11階に位置しています。

 ちなみに、2~5階のスタンダードフロアは南欧の海辺をイメージ。2006年に宿泊報告させていただいた「新デラックスルーム」も含む6~9階のデラックスフロアは、ヨーロピアン・エレガンスをイメージしています。

続きを読む⇒ [取材]ホテル初のあのバスアメニティ登場! 3月3日オープンのラグジュアリーフロア

【ニュース】

速報! ホテル日航東京 施設改装及び新商品・サービスに関する記者説明会報告

【ホテル日航東京】(東京都港区)
今後3年間で、改装に33億円を投資
■ 全館リニューアルを推進 ■

この記事は、ホテルから届いた情報をまとめたものです。内容が変更になっている場合があるので、ホテル公式サイトで詳細をご確認ください。

 ホテル日航東京では、2006年の開業10周年を機に、大規模な改装・改修計画に着手しました。

 初年度となる2006年には、客室に25室の「エグゼクティブオーシャンビュー」、及び新チャペル「ルーチェ マーレ」を新設した効果もあり、2007年には1,007組の婚礼実績を達成しました。

 更に今後3年間で約33億円の投資を行い、ブランド力の強化と、ホテルのポジショニング向上を図ります。

 おもな改装予定

続きを読む⇒ 速報! ホテル日航東京 施設改装及び新商品・サービスに関する記者説明会報告

【特集企画】

クラブラウンジちょっとだけ比較

 ホテルの中のホテルといわれている「クラブフロア(エグゼクティブフロア)」。


 上層階に位置していることが多く、ワンランク上のサービスを受けることが出来ます。

 そのひとつが、クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)。クラブフロアに宿泊するゲスト専用のラウンジで、チェックイン・チェックアウト、そして、飲物やお食事などのサービスを受けることが出来ます。

 今回は、各ホテルのクラブラウンジをご紹介したいと思います。

続きを読む⇒ クラブラウンジちょっとだけ比較

【ニュース】

開業20周年のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

★開業以来最大のリニューアルのテーマは
  「“FUN(楽しみ)”」

2階エントランス  シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、開業20周年の節目を迎える2008年、都心から近く、東京湾に隣接している立地を生かしたリゾートとして“Fun(楽しみ)”を常に体験できる、開業以来最大規模となる館内リニューアルを実施。

その内容は!

続きを読む⇒ 開業20周年のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

【ニュース】

日本初上陸の『スキーリモ』って?

 カナダのスキーリゾート ウィスラーで始まった新しいウインタースポーツの楽しみ方『スキーリモ』。今シーズン、日本で初めて苗場スキー場と妙高杉ノ原スキー場で導入が始まりました。

 『スキーリモ』とは、2本のスキー板の上に衝撃をやわらげるサスペンション付ソファーに乗り、ショーファー(専属運転手)と呼ばれるガイドを兼ねたドライバーが、ゲレンデ内の特に景観の美しいスポットを案内しながら滑ります。

 日本では、この二つのスキー場だけの導入で、台数も4台のみとまだまだ貴重な乗り物ですが、スキー・スノーボードをやらない(やれない)方やシニア、体の不自由な方でも、雪山の風をきって滑る爽快感を味わうことが出来ます。


続きを読む⇒ 日本初上陸の『スキーリモ』って?

【【連載】フォーシーズンズホテル椿山荘 東京オンリーワンの秘密】

最も重要なのは人材と考える「人材育成のスタンダード」

フォーシーズンズホテル椿山荘 東京が最も重要と考えているのは人材。ホテルの理念を実践するため、単なる人材育成プログラムではなく、常にモチベーションを高め、さまざまな見地に立って意見交換ができる組織づくりが進められています。その内容を今回はご紹介させていただきます。

続きを読む⇒ 最も重要なのは人材と考える「人材育成のスタンダード」

【【連載】ホテルニューグランド 80年を振り返る】

昭和の幕開けとホテルニューグランドの誕生

 ホテルニューグランド建設の中心的役割を担った有吉忠一横浜市長は、関東大震災後の横浜復興に身を挺し、昭和の横浜の礎をつくった人物。有吉市長は横浜市議会にホテル建設計画を提案すると、横浜商工会議所や、地元財界に働きかけ、今で言う第3セクターのような仕組みをつくり、建設総工費総額121万5000円を、一般の市民からも幅広く集めたのです。

 設計は、渡辺仁。のちに服部時計店(現在の銀座和光)、東京国立博物館などを設計した、近代日本を代表する建築家です。(両建築は、現在、東京の建築遺産50選となっています。)地上5階建て、イギリス風の制服を着たドアボーイがよく似合う、近代復興式の堂々たる外観。玄関から2階に昇ったところにロビーがあるつくりは、当時から非常に珍しいものでした。

続きを読む⇒ 昭和の幕開けとホテルニューグランドの誕生

【【コラム】ホテルスタッフと仲良くする方法】

レストランスタッフと仲良くなる方法

 みなさん、こんにちは。ホテルスタッフと仲良くなる方法をご覧くださりありがとうございます。ひとみです。

 さて、今回は宿泊しなくても楽しめるホテルの施設。。。そう、レストランスタッフと仲良くなる方法です。

 外来のゲストが最も利用が多いのはランチ、一方で少ないのは、朝食といえます。

続きを読む⇒ レストランスタッフと仲良くなる方法

【会員限定情報】

たったの1室しかないちょっと変わったお部屋

【セレスティンホテル】

久しぶりに都営地下鉄三田線に乗り「芝公園」駅で下車。A2出口から歩いて1分ほどのところにセレスティンホテルはあります。

2002年7月の開業からまだ5年ちょっとしか経っていない2007年10月。全客室、全フロアのリノベーションが完了。さっそく利用することに。

チェックインを済ますと、カードキーをいただきエレベーターホールへ。このエレベーター、客室のカードキーを差し込まないと乗れないシステム。安心ですね。


続きを読む⇒ たったの1室しかないちょっと変わったお部屋

渡辺旅行研究所 ホテルコミュニティプレミアム