日本国内を中心に、ちょっと贅沢なホテル・旅館のご紹介。

ヘッダー

旅館で天然とらふぐ(あのりふぐ)料理

渡辺旅行研究所 新着ホテル・旅館ニュース レストランフェア 新宿・早稲田周辺 お花見・桜フェア 新宿御苑の桜を見下ろしながら楽しむランチ

新宿御苑の桜を見下ろしながら楽しむランチ

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
レストラン「トライベックス」

桜を楽しむ『春のシェフランチ』

JR新宿駅サザンテラス口から徒歩2分「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」内、レストラン「トライベックス」では、2011年3月16日(水)から4月30日(土)まで、春の彩りがいっぱいのランチメニュー『春のシェフランチ』を用意。

3月中旬ごろから開花し始める桜。そんな暖かい“春”を目にも舌でもじっくり楽しめるのが、前菜をはじめに、魚料理または肉料理のどちらかを選べるメインディッシュ、サラダバー、デザートがついた『春のシェフランチ』。

今回のシェフランチは、料理一品一品に“春”を感じる料理内容。野菜の甘みがギュッと詰まった“春の旬野菜のテリーヌ”を前菜に、皮はカリッと、身はやわらかに焼き上げた鯛をトマトハーブのクリームソースでいただく魚料理、濃厚でまろやかな赤ワインソースがグリルした牛フィレ肉に良く合う肉料理。そして、酸味と甘みのバランスが絶妙の“桜風味のアイスクリームを添えたフロマージュブランのムース”と、充実の春満開ランチ。

また、2011年3月15日(火)よりロゼワインと桜色のノンアルコールカクテルが楽しめる“SAKURA Festival”を同時開催。トライベックスのランチとの相性抜群のロゼワインは、春の味わいをより一層深める。

そして「トライベックス」ならではの地上100mからの窓一面の眺望とこの時期にしか楽しむことのできない新宿御苑の桜を見下ろしながらのランチは、新宿お花見スポットとしてもおすすめ。


桜を楽しむ『春のシェフランチ』

■期間:2011年3月16日(水)~4月30日(土)まで

■ランチタイム営業時間:11:30~15:00(土・日・祝日 11:30~16:00)

■料金:シェフランチ 2,800円(2,940円)

■料理内容:
 前菜:
  春の旬野菜テリーヌを粒マスタードの入ったソースで
 魚料理:
  築地市場から厳選した鯛をオリーブオイル焼きで
  春野菜の付け合せとトマトハーブのクリームソース
   または
 肉料理:
  牛フィレ肉のグリル 新玉葱と新馬鈴薯のグラタン添え
  風味まろやかな赤ワインソースで
 ※メインディッシュは魚料理または肉料理のどちらかを選択可。
 デザート:
  ブルーベリージャムをはさんだ やわらかなフロマージュブランムース
  桜風味のアイスクリームをのせて
 サラダバー
 パン
 コーヒーまたは紅茶

※( )内は消費税が含まれた支払い金額。ランチタイムはサービス料不要。
※ シェフランチのほか、本日のランチ2,000円(2,100円)、平日限定ランチ、
 土日祝日限定ランチなども用意。

トライベックス

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの予約はこちら

レストランレポートをチェック⇒レストラン記事一覧
何といっても公式サイトから予約⇒公式サイト
高級ホテル・旅館専門サイトで充実の宿泊プラン⇒一休.com
恋に効く憧れの宿泊プラン⇒オズモールホテル予約
国内最大級の宿・ホテル予約サイト⇒じゃらん.net
レストランを予約⇒一休.comレストラン

画像提供:一休.com

[前のページ] « スプリンググループプラン
[Top] 新着ホテル・旅館ニュース
[次のページ] 季節限定宿泊プラン「サザンタワーの春散歩」 »